足もみをはじめ年々季節の変わり目を楽に過ごせるようになっていきました。

お客様の直筆アンケート公開中!
  • トップページ
  • 2017年2月の記事


    足もみをはじめ年々季節の変わり目を楽に過ごせるようになっていきました。

    今朝、季節の変わり目もホントに元気になったな~と、ふと思い
    今日は僕の実体験を書こうと思います。

    足もみをはじめる前の僕は、季節の変わり目に体調を崩すことが多く
    まず胃の調子・・・、体のだるさ・・・、めまい感・・・、今から思うと
    本当に色々ありました。

    足もみをはじめ年々季節の変わり目を楽に過ごせるようになっていきました。
    特に胃に来ることが少なくなり、食欲もあるのでバテることが少なくなりました。

    ただ食べ過ぎる傾向にあるので(自覚しています)、特に季節の変わり目は
    意識して食べ過ぎ飲みすぎに注意していました。そうすると、今も
    自分の体調に合わせて自然とそのあたりも気を付けることが習慣になり
    調整できるようになりました。

    足もみをしていくと、御白湯を飲む習慣が出来て日頃でも水をよく飲むようになりましたし、
    体の仕組みや各器官や臓器がつながっていること、お互いに支え合っていること
    を知ることによって、どこか部分が弱っていたとしても、全体を整えるという
    バランスが大切だということにも気づきました。

    なので足もみをすることで、健康への意識がより高まり
    自分で自分の足を揉んでよくなっていくこと、体に変化があることで
    本当に身体が整うという体験を通してずいぶんと体が楽になっていき
    そのうち足もみ+α健康維持のために習慣になったことが増えていきました。

    そうして体のバランスが整ってくると、体の循環がよくなっているので
    いつも通り呼吸をして、食事をして、寝ているけどそれらの質が高まるようになりました。

    元々体が弱っている時、調子を崩している時に、よくしよう良くしようと
    食べ物に気を付けたり、サプリを飲んだり、健康食品健康飲料や医薬品に頼ったり
    そうすることで一時的に改善したように見えてもまた戻ってしまうのは、
    体の根本を改善する、バランスを整えるということが出来ていなかったのだと
    体験を通して思いました。

    例えば、胃腸が弱かったとき、便が安定していませんでしたが
    足もみをしてお白湯を飲むことで便も安定していくようになりました。

    そうしたことで食べ物に気を付け、サプリや健康食品を飲むことで
    よりよくなっていった感じがしました。

    胃腸が整っていなくて、いくらいい食べ物をとってもうまく吸収していなかった
    もしくは、吸収されても血液循環が滞っていたことでうまく細胞まで
    栄養や酸素が届かなかったのかなと今になって思います。

    足もみをすることで、各器官や臓器が整うだけでなく
    血液循環がよくなり毛細血管までしっかり血流が届き細胞を元気にする!
    これも若石健康法の凄さだと実感しています。

    僕自身、若石ローラーでセルフケアをしてきて足もみの効果を実感しているからこそ
    ホントに足もみの素晴らしさを伝えていきたいですし、その効果を実感してもらいたい
    そしてやっぱり足もみしてよかった!と喜んでもらいたいと思っています。

    おかげ様で多くのお客様から感想やお礼のメール、お電話を頂くことも多く
    本当にうれしいです。ありがとうございます。



    ご購入者の質問や体験談、店長の体験や足もみの気づきやアドバイスなど
    ご興味のある項目、知りたい情報だけをピックアップして読むことができます。


    日時:2016年7月 5日 AM 08:34