若石RMRローラー専門ショップ【正規販売代理店】の店長が、多くのお客様からの疑問についてまとめました。

お客様の直筆アンケート公開中!
  • トップページ
  • お客様から寄せられた質問をまとめました。参考にしてください。


    よくある質問

    若石ローラーのこと、使い方のこと、買ってからのことなど、よくいただくご質問にお答えします。
    あなたの疑問が載っているかもしれませんので、一度ご覧ください。
    疑問やお悩みが解消されない場合にはお気軽に当店までお問合せ下さい。

    自分で足をもむ場合、どれくらいのチカラをかけてもめばよいのですか?

    A:自分の体重分の力をかける、と考えてください。
    体重が50キロの人は50キロ、40キロの人は40キロをかけても揉まれてもいいです。
    デコボコの路面を、体重をかけて歩けば、足裏には自分の体重が加わっています。
    それで大丈夫なのですから、体重の力を加えてもかまいません。

    ただ、骨を傷つけないように注意して、強く揉まれてください。
    他人の足を揉む場合は、相手が耐えられる痛さの程度の力で行ってください。

    足もみ(ローラー)をはじめて目が赤くなりましたが大丈夫でしょうか?

    A:足揉みの目的は、血液循環をよくすることです。
    ウォーキングをしている時と同じような状態になっています。
    足揉みをすることによって、今まで潜んでいたものが出てくるということはありますが、
    基本的に、足揉みをしてどこかが悪くなるということはないです。

    もし目に異常を感じられることがあれば、一度眼科で見てもらわれる方がよろしいかと思います。

    足のふくらはぎにローラーをかけたら青アザができましたが、続けてもいい
    のでしょうか?

    A:足揉みやローラーをはじめて体験される方は、アザが出来る方もいらっしゃいますが、
    足揉みでできたあざは一時的なのでそのまま続けられていらっしゃれば自然とあざはなくなってきます。

    あざがひどくなったり、足揉み以外の痛みがある場合、
    あざが治らない場合は、ふくらはぎのあざの部分へのローラーの使用を控えられて
    様子をみられる方がいいと思います。

    ローラーの刺激が強く感じられる場合は、タオルを1,2枚敷かれて
    ふくらはぎにローラーを当てられて、慣れてこられたらタオルを外されるという方法もあります。

    静脈の血管が弱っていると内出血しやすく、僅かの刺激で青くなることがあります。
    しかし普通に続けていれば、しばらくすると治ります。

    痛みがあって痛みを早く取りたい場合は、
    摂氏40度くらいのお湯に塩を入れて海水くらいの濃さにして、痛いところをつけてください。
    これで痛みがやわらぎ、早くとれます。

    プチローラーは販売していますか?

    A:今まで当ショップよりプチローラーをお買い上げいただきましてありがとうございました。
    諸事情によりプチローラーの取り扱いを中止とさせていただくこととなりました。

    品質は今後も問題なくご利用いただけますのでご安心くださいませ。

    当ショップからプチローラーをご購入いただいたお客様へは、
    今まで通りご購入後のフォローも引き続き承りますので今後ともよろしくお願いいたします。

    今後はより一層、若石健康法オリジナルフットマッサージ器の
    「若石RMRローラー」の推進をしていきたいと思っております。

    若石ローラーは、一日何回やればいいのですか?

    A:一日に何回やればいいという決まりはありません。

    足もみは、毎日続けられることが一番いいのでご自身のライフスタイルに合わせて、
    無理のない程度で1日に一回できればそれを毎日続けられることをおすすめします。

    私がはじめて若石ローラーを使うようになった時は、
    お風呂上りに一日1回15分のローラーをかけていました。
    理由は、お風呂上りで足裏やふくらはぎもやわらかくなっているので、
    痛みを感じにくくしっかりと反射区を刺激ができるからです。

    また、朝起きてからすぐに布団の中でふくらはぎをローラーでマッサージすることもあります。
    朝の目覚めがとてもよくなります。
    いずれにしても、足もみの後、ローラーの後は、必ずお白湯をコップ1杯は飲みましょう。

    若石ローラーを購入すれば、手で施術する必要はないのでしょうか?

    A:若石ローラーは、毎日の足もみを継続する上で欠かすことのできない道具ですが、
    足を揉むのに最高の道具は、自分の手です。

    手は、センサーの役割もあります。
    自分の足を揉んでみると、ゴリゴリしたところ、硬いところ、
    やわらかいところなど足の状態がよくわかります。
    長年積もってきた老廃物をしっかり揉みだすためにも、
    自分の手でも足裏のチェックをすることは大切です。

    そのチェックを活かして、愛心棒やローラーで揉まれるとより効果的です。

    手でした方がしっかり刺激できるところは手で揉まれて、
    ローラーに任してもいいところはローラーでという風な揉み方もありです。

    もちろん、手で毎日できるのでしたら手で揉めるに越したことはないですし、
    ご家族を揉んで差し上げるのもよいコミュニケーションになります。

    ただ毎日手だけで自分の足を揉み続けること、家族の足を揉み続けることは、
    時間的にも体力的にも中々難しいため、若石ローラーに頼ることで毎日の足もみ、
    セルフケアが簡単に(楽に)でき、足もみを習慣化し継続することが可能になります。

    足もみは、毎日続けることが大切ですので、
    ご家族のみなさん(ご自身)が毎日続けやすい方法で続けられるといいと思います。

    若石ローラーは手でするのと同じ効果が得られるのでしょうか?

    A:若石ローラーで足を揉むことにより若石健康法の基本であります血液循環がよくなりますので、
    手で施術してもらうのと同じように足揉みの効果は得られます。

    ただし、若石ローラーは、あくまでも機械ですので、手で揉むように細かいところは揉みにくいですが、、
    ほぼ全ての反射区はまんべんなく揉めるようになっていますし、足裏だけでなく、
    ふくらはぎからひざ裏、臀部まで揉みあげれるようになっています。

    ふくらはぎは、血液循環を助けるためにとても大切な部分ですので、足裏だけでなく、
    ふくらはぎ、膝裏、できれば臀部まで、まんべんなく若石ローラーで揉み上げることで
    より若石健康法の効果を高めてくれます。

    そのため、若石健康法のプロにとっても、自のセルフケアのために、
    若石ローラーは毎日欠かすことのできない大切な道具です。

    毎日のセルフケアは若石ローラーだけでも十分ですが、プロの手でまんべんなく揉んでもらって
    足もみのアドバイスをもらうことも大切ですし、自分でも直接足を触ることもしてみてください。

    生理中にローラーを使用してもいいですか?

    A:生理中のローラーの使用についてですが、若石健康法の考え方で足揉みは
    血液循環を良くすることを目的としております。
    従いまして出血中の足揉みは避けるように指導されています。

    故障・不具合などのアフターサービスはどのようになっているのでしょうか?

    A:ご購入後、商品に不具合があった場合は、1年間のメーカー保証がついておりますので、
    もし万が一何かありましたら、当ショップへご連絡いただきましたらすぐに対応をさせていただきます。
    保証期間がすぎましても、何かございましたらできる限りの対応はさせていただきます。

    ちなみに私は7年ほど毎日ローラーを使用していますが一度も故障はありません。

    若石ローラーは、特殊な精密機械のためすべて手づくりで一台一台丁寧に製造されております。
    出荷前には、必ず一台一台動作チェックを行っておりますので、 ご安心してお買い求めいただければと思います。

    何かご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。
    >>お問い合わせはこちらから

    若石ローラーを毎日やっていると、唇にヘルペスのようなもの、鼻の中に
    吹き出物のよなものができましたが好転反応でこういった例はあるのでしょうか?

    A:好転反応で出る例もあります。

    もし、好転反応である場合は、今まで表に出てこなかったもの、かくれていたものが、
    出てきた可能性があります。
    その場合は、足もみを続けることによって症状は落ち着いてきます。

    また別の可能性として、たまたま足もみをはじめられた時を同じくして、
    何か別の原因でそのような症状がおきているということもありうるかもしれません。

    こればかりは、どちらがどうという判断はしかねます。

    ただ、基本的に足を揉んだからそういうものが悪くなったり悪化したりということはないです。

    ただし、出血したりしている場合に、足を揉まれると血液循環がよくなるので
    さらに出血するということもありますので、そういう場合がありましたらご注意いただければと思います。

    もし、数日たっても症状が改善されない場合は、病院へ行ってみてもらう方がいいと思います。

    若石ローラーは子供が使っても大丈夫でしょうか?

    A:ローラーは、子供さんが使われてもいいのですが、特に小さいお子様には注意が必要となってきます。

    若石ローラーは、60キロの体重まで耐えられる設計になっております。
    つまり60キロまでは、体重をかけられてもローラーはまわります。

    逆に、60キロの体重がかかると安全のため、ローラーはまわらなくなるように設計されています。

    これは、大人が利用することを前提として設計されているためで、もし子供さんがご利用されていて、
    万が一ローラーに挟まるようなことがあっても子供さんの体重では、ローラーは停止しません。

    したがいまして、特に小さなお子様がご利用される場合は、
    必ず保護者様がついてお使いになられることをおすすめしております。

    また足をもむ時のチカラは、その方の体重までの負荷でしたらかけても大丈夫ですが、
    子供さんの場合、足が小さいですので骨などを傷つけないようにお気を付けいただければと思います。

    P,S
    小さい子供さんの足を揉まれる場合、一番いいのは、親御さんの手だと思います。
    足もみは親子のいいコミュニケーションにもなりますので、
    若石バームを塗って軽いマッサージからはじめられるのもおすすめです。

    左右どちらの足から揉めばいいですか?
    (どちらの足からローラーをかければいいですか?)

    A:左足から揉んでください。

    左足には心臓の反射区があるのと、左右の足を陰陽でいうと左が陽、右が陰になります。
    わるいものも、良いものも陽である左から入ってくるとされてますので、若石健康法の足もみは左足から行い、
    まずは左の流れをよくするのがいいとされています。

    ※若石健康法の陰陽平衡原理(陰と陽の関係)については、
    若石 足はあなたの主治医の92ページから書かれています。

    若石ローラーをクレジットカードで購入することはできませんか?

    A:クレジットカードで若石ローラーを購入されたいお客様のご要望にお答えし、
    クレジットカード決済専門のご購入ページを作成いたしました。

    VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS,
    Diners Clubカードがご使用いただけます。

    〈お支払い回数について〉
    1回払いだけでなく、分割払い・リボ払いも対応が可能となっております。

    クレジットカード決済をご希望のお客様は、下記ページからご注文をお願いします。
    >>クレジットカード決済専用ページ
    解決しなかった場合や、個別に聞きたいことがありましたら こちらのお問合せページよりご連絡ください。
    >> お問合せページへ <<
    どうかあなたにも足もみの素晴らしさが届きますように。そんな想いでこのショップを運営しております。 若石式健康ローラー「ロースー・マルティリフレクサー」