若石ローラーの刺激が強すぎる(痛い)ときの対処法

お客様の直筆アンケート公開中!
  • トップページ
  • 2018年2月の記事


    若石ローラーの刺激が強すぎる(痛い)ときの対処法

    若石ローラーをはじめてご利用される方の中には
    あまりの痛さにビックリされる方がおられます。

    たいていの場合、はじめての方はイスに座った状態で
    両足をローラーの上に置いてはじめられます。

    とても痛がられる方は、はじめは、

    イタタタタタタタタター
    ハ~イタイ、ハ~・・・と言われながら
    顔にも痛みが出ているくらいですが

    大体は少しすると、あっ、慣れてきた!と言って
    段々そのままでも揉めるようになってきます。

    そうなってくると大抵は、「足がぽかぽかしてきた」
    「体が温くなってきた」とか変化を感じて来られます。

    はじめてのローラー15分だけでも
    膝が痛い方は、膝が上がり出す方
    肩こりの方は、肩が楽になる方
    腰痛の方は、腰が楽になる方もおられます。

    それくらい即効性を感じてもらえるくらい
    足の反射区にしっかりとローラーが入る設計になっているため
    はじめて利用される方は痛みを感じる方が多いです。

    痛さを感じられる度合いは、その方によって違います。

    僕は初めてローラーを買った時、すでに足もみをはじめていたので
    足裏はまあまあ大丈夫でしたが、
    ふくらはぎが痛くて痛くてどうしようもなく
    はじめはタオルを2,3枚ローラーの上に引いて揉んでいました。

    段々慣れてくると、1枚ずつ減らしていきそのまま揉めるようになりました。


    痛みがあるというのは、その部位が滞っていたり、老廃物が溜まっていたり、
    筋肉が硬くなっていたりと様々な要因がありますが、それらが改善してくと
    痛みがやわらいできます。

    足裏の皮が分厚い方は、はじめは痛みを感じませんが、
    その分厚い皮が取れてきたときには、本来の足が出てくるので
    そうなってきてはじめて痛みを感じられる方もおられます。

    皆さんそれぞれ違います。

    あまりに痛みを感じてそのまま揉むのがつらい方は、
    タオルを2,3枚引いてご自身の揉み心地のいい状態を作って
    ローラーでの足もみをスタートしてみてくださいね。

    また、足が細く骨ばっている方なども
    タオルを引いてご利用される方法がおすすめです。

    当ショップでは若石ローラーご購入後、
    商品のお届けまでにメールでお送りする特典があります。

    特に若石健康法の効果を最大に引き出す 
    「若石RMRローラーの効果的な使い方」を
    商品お届けまでにお読みいただくことで
    ローラー到着後スムーズにご利用いただけます。


    若石健康法の効果を最大に引き出す 
    「若石RMRローラーの効果的な使い方」の内容は・・・

    ■若石ローラーの使い方について
    ■若石ローラーの使用時間について
    ■若石RMRローラーを効果的に使う4つのポイント

    など、上記は目次の一部ですが

    足もみ初心者の方でも
    スムーズに若石足もみをはじめていただき
    効果を実感いただけるよう詳しく説明しております。

    図解入りで約30ぺージ

    若石ローラーを効果的に使えるポイント.jpg


    当ショップでは、若石ローラーご購入後も
    若石足もみの効果を実感いただけるまで何度でも
    足もみのサポートさせていただきます!




    足もみの魅力・情報を随時配信中!


    日時:2018年1月20日 AM 09:08